育毛剤を使用するメリットとデメリット

育毛剤を使用することのメリットとデメリットについて

育毛剤の使用を検討している人にとって、大切なのはどの育毛剤が効果があるのかという事だと思います。
当然ながら育毛剤に期待することとは、髪の毛が生える、剥げないように予防などが大半で、みなさん効果を期待して使用されます。
しかし、育毛剤のメリットは考えてもデメリットに関しては無関心な方が多いように思います。
ここでは育毛剤の種類によって考えられるメリットとデメリットについて説明していきます。
これから育毛剤を使用しようと思っている方は参考にしてください。

メリット
頭皮環境の改善
医薬品のような副作用の心配が少ない
男性型脱毛症(AGA)にも効果が期待できる
髪の毛が生えてくるかも
薄毛の進行が止まる

デメリット
効果がでるまで時間がかかる
効果に個人差がある
継続して使用する必要がある
医薬品では無いので効果が薄い
副作用がある物もある

頭皮環境の改善

育毛剤の効果のひとつに頭皮の血行を良くする作用があります。

髪の毛を作る栄養素はアミノ酸やたんぱく質、亜鉛などを元に作られており、これらの栄養素は頭皮の血管を通って頭皮の細胞に届けられる為、頭皮の血行が悪くなると栄養が細部まで届けられず、薄毛の原因となってしまいます。

血行不良を改善することで、ヘアサイクルが正常化され薄毛の改善が期待できます。

また、頭皮を過剰な皮脂や乾燥から防いでくれる成分も入っているので、皮脂で頭皮が脂ぎっている方や、乾燥でフケが多い人の頭皮環境の改善に効果があります。

副作用の心配が無い

AGAの専門クリニック等で処方される発毛効果のある薬には、強い副作用が確認されており、万人が簡単に使用出来るものではありません。ですが、育毛剤の多くは医薬部外品なので副作用の危険性が少なくなっています。

AGAにも効果が期待できる

ほとんどの薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)だということが分かってきています。男性ホルモンが5aリダクターゼという酵素と結びつくことで、DHTという剥げる原因となる成分を作り出してしまいます。この5aリダクターゼの生成を抑える成分が育毛剤には配合されています。薄毛の改善と同時に薄毛の予防にも使えるっていうことですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



ランキング