育毛剤の種類

薄くなりかけている自分の頭に生えてくる期待を込めて!!

鏡に映る自分の頭の髪が近頃なんとなく薄くなって地肌が透けて見えるようになってきて「これはやばい何とかしなくては」と危機感を感じるようになったらあなたはどうしますか。
薬局で育毛剤を買ってみようか、何がいいか悩んでしまいますよね。

育毛剤と言っても頭につける育毛剤と飲む育毛剤があります。今テレビのコマーシャルでしている大正製薬のリアップなどは有名です。

飲む育毛剤と言えばプロペシアがあります。この2つはお値段も高く続けていくには金銭的にはきつくなってくると思います。

リアップは、ミノキシジルが5%入っておりそのミノキシジルに髪の毛が生えてくる効果が期待できる物です。

プロペシアは進行していく抜け毛をくい止める効果がある物です。
リアップはドラッグストアーで買う事ができます。
プロペシアは皮膚科で診察を受けて処方してもらえます。
ただこのプロペシアは保険がきかないので自費です。プロペシアのジェネリック薬がフィナステリドです。
プロペシアよりは少しは安いですが、それでも30日分で7000円ぐらいはかかります。

その他個人輸入で育毛剤を手に入れる事もできます。育毛剤で効果の期待が持てる方法は髪の抜け毛を止める薬と髪の毛が生える薬の両方を使うという事です。抜け毛を止めて同時に髪が生えるようにして,髪が生えたら後は抜け毛を止める薬だけを続ければいいわけです。

個人輸入で手に入る育毛剤には、飲む育毛剤、フィナロ、フィンぺシア、プロペシアなどがあります。
これは前にも述べた様に抜け毛の進行を止める飲む薬です。

ミノキシジルの飲む薬は髪の毛が生える薬です。いずれにしても抜け毛を止める薬と髪の毛が生える薬の両方を使用する方がいいようです。
早い人で生える薬を飲んで約6か月で髪が生えて来るそうです。

髪の毛が薄くなって来て気になりだしたらなるべく早く対応した方がいいです。
何年か放っておくと手遅れになってしまうので若い人などは特に注意するといいです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング