男性ホルモンが影響している薄毛!AGAの対策は?

AGAとは、男性型脱毛症(AndrogeneticAlopecia)のことで、男性ホルモンが主な原因となって起きる薄毛状態のことです。

テストステロンという男性ホルモンは、男性らしさを作るホルモンで、誰でも体内で分泌されています。
このテストステロンは、ある酵素とくっつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。
本来、髪は「成長期→退行期→休止期」というサイクルでゆっくりと成長し、自然に抜け落ちていくものです。
しかしDHTは、髪の成長期を急激に早く終わらせてしまうので、急に抜け毛が増え、細く短い毛が多くなってしまいます。
このような理由で薄毛になった状態がAGAです。ストレスや生活習慣、食事などの影響も受けていると考えられますが、遺伝の要素も大きいと言われます。

AGAは、つむじや生え際から次第に薄くなっていく傾向が強いのですが、頭頂部から薄くなる人もいて、さまざまな進行の仕方があります。
つむじや生え際、頭頂部の抜け毛が増えたり、毛が細いように感じたりしたら、AGAを疑ってみるのが良いでしょう。

AGAは進行していきますので、気づいたときに早めに対策を立てる必要があります。
対策としては、クリニックでミノキシジルなどの発毛成分を含む発毛剤を処方してもらうことが考えられます。
十分な栄養と休養、適度な運動など、より健康的な生活習慣を身につけることも重要です。飲酒・喫煙も控え目にしましょう。

シャンプーを自分に合ったものに変えたり頭皮マッサージを行ったりして、頭皮の環境を良くすることも、AGAの対策になります。
乾燥肌・脂性肌などの自分の頭皮のタイプに適合していないシャンプーを使うと、頭皮の状態が悪くなることもありますから注意して選びましょう。

さらに、育毛剤を使うのもおすすめです。育毛剤とは、毛髪を丈夫にして抜け毛を予防し、新しい毛が生えるのを助ける効果が認められている製品です。手軽に使えて、体への悪い影響が少ないのが利点です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング